ヘンプは、日本にとても馴染み深い繊維のひとつです。

福井県の鳥浜遺跡という縄文時代の遺跡からは、大麻の種や繊維が出土していて、生活や神事に用いられていました。

弥生時代の衣服には、ヘンプ(大麻)とラミー(苧麻)が主に使われていました。

そんなヘンプは、栽培過程で農薬を全く必要としない自然に優しい植物であり、

私達の掲げる「プラネットクオリティ」に適した素材です。

この素材は、吸汗速乾性に優れ、抗菌・制菌性を持ち、臭いの元になる雑菌の増殖を抑えるので、消臭の機能も持ち合わせています。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています

ヘンプマット

5,000円(税込5,400円)


ヘンプ五本指ソックス

1,700円(税込1,836円)


全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています
この投稿をInstagramで見る

new! ラミーノースリーブチュニック \16000 じめっとした日本の夏に最適なラミーのノースリーブチュニックが完成しました! ラミー(Ramie)は、日本で苧麻・カラムシ・青苧と呼ばれ、ロープや蚊帳、魚網など湿った日本で心地よく過ごすために各地で親しまれてきた素材のひとつです。リネンよりも張りがあり、ふわっと広がるのでチュニックの形が綺麗にでます。 ワイドパンツと合わせても、くるぶし丈のスキニーパンツやレギンスとあわせても素敵に着こなしていただけます。写真で合わせているのは、ケンランドリネン定番のワイドパンツです。 蒸れにくく、たっぷり着られるので夏の暑い時期もこれ一枚で心地よく過ごせます。 秋冬は中にタートルネックやタイツを合わせてもかわいらしく着こなせます。 リネンとはまた違う、しっかりとした生地感をぜひお試しください。 ラミーはリネンに比べ、白化しやすい素材です。お洗濯を繰り返すうちに少しずつ白っぽくなっていきますが、素材の特性ですのでご了承ください。

ケンランドリネン 山形さん(@kenland_yamagata)がシェアした投稿 -

Top